新製品、新情報紹介 ホーム » スポンサー広告 » 未分類 »ガン治療に革命起こす食べ物!?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ガン治療に革命起こす食べ物!?  

昆布がガンを治す日も遠くないかも。。。!
以下抜粋です。

■ガン治療にも革新

最近の研究で昆布に含まれる食物繊維の1種である「U-フコイダン」にガン細胞が自滅するように誘導する働き「アポトーシス(自然死)」が確認されています。

細胞の遺伝子には、異常な環境におかれた時、自殺してカラダを守ろうとする仕組みになっています。それが「アポトーシス」です。ガンはそのシステムが働かなくなり、異常増殖し続けるようになってしまった状態です。U-フコイダンは、ガン細胞の「アポトーシス」を強制的にスイッチオンにする物質です。

ガン細胞を攻撃するために、医療現場では抗がん剤が使われていますが、抗がん剤はガン細胞だけでなく正常な細胞まで傷つけ、患者は副作用に苦しめられるだけでなく、免疫力までダウンしてしまいます。

しかし、U-フコイダンは、ガン細胞にプログラミングされている「アポトーシス」のスイッチを入れてくれるので、正常な細胞を傷つけることがないそうです。副作用などで苦しまずにガン治療ができる日は遠くないかもしれませんね。

食と健康のアドバイザー 南 恵子さんのブログから抜粋

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://fujiwara3388.blog29.fc2.com/tb.php/54-a73dca7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

電卓

フリーエリア

フリーエリア

カテゴリ

最新コメント

お世話になってるサイトリンク

最新トラックバック

フリーエリア

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。